沿革

平成4年11月有限会社シップケミカル設立
ケミカルタンカー及びプラント機器の酸洗工事を始める。
平成19年4月超高圧ジェット洗浄機(スギノマシンJPHE-77130)1号機を導入しプラント機器のジェット洗浄業務を開始する。
平成22年1月社名を有限会社山口ケミカルへ変更、代表者変更
工事内容をプラント超高圧ジェット洗浄および公共構造物ステンレス酸洗工事を主体とする。
平成24年8月超高圧ジェット洗浄機(スギノマシンJPHE-77130)2号機を導入
平成26年3月超高圧ジェット洗浄機(スギノマシンJPHE-H5070)3号機を導入
平成28年2月超高圧ジェット洗浄機(スギノマシンJPHE-77130)4号機を導入
平成28年11月新工場完成
平成29年12月資本金を500万から1000万に増資